国際記念グループ

”公式「記念日」をプレゼントして様々な記念日を祝おう”

なぜ記念日なのか?
記念日の概念は個人と企業・個人事業主では大きく違います。

個人の場合は単純にプレゼントやお祝いに使われることが多いはずです。
一生の思い出として・・・

・お孫さんが生まれた記念日
・お子様が生まれた記念日
・新築の家を建てた記念日
・父の日、母の日
・誕生日
・命日
・ペットが家族になった記念日
・修学記念日
・卒業記念日
・資格取得記念日

などなど人の一生において忘れたくない日があるはずです。
それらを記念日として公式認定し、人と人との繋がりを確認しあう事が出来ます。


企業・個人事業主の場合は記念日自体をマーケティングに活用する事が出来ます。

・創立記念日
・新規事業開始記念日
・株式公開記念日
・売上げ○○○達成記念日
・会社ギネス記念日
・新製品開発記念日
・開店記念日
・セール記念日

この様に広告としてマーケティングに活用する事が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加